ワキガと思っていたら

高校生の時、急に脇が匂うようになったんです。
それも両脇ではなく右脇だけ。
高校生で、女の子で、好きな人だっていました。体育で着替える時や汗をかいた時など不安で不安でしょうがない時期があって、ずっと気になっていました。
ある日、気になって脇を触ってみたらいぼというかしこりというか変な触り心地のものが右の脇にあったのです。
最初はあまり気にしていませんでしたが、どんどん大きくなっている気がしてさらに不安になりました。それからしばらく経った時に私は何を思ったのかそのしこりを潰すように強く摘んでみたのです。そうするとなんと膿のようなものがたくさん出てきて、血まで出てきたのです。
それから不安になり、一度病院を受診しましたら、このしこりは粉瘤というもので、毛穴なんかがおかしくなって毛が中に入り込み、炎症を起こし、膿や匂いを発生させるものだったのです。
粉瘤は切って取る手術をするしかなくす方法がないと言われたため、日帰りで手術をしました。
手術自体、そんなに痛みもなく、時間もかかりませんでした。
縫合していたので抜糸などはありましたが、そちらも思っていたほど痛くはありませんでした。
手術後、匂いは嘘だったかのように消えていったので、大変安心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です