40歳になって急に体臭がきつくなった

42歳、男性、会社員です。
20代までは、わきが、頭皮の臭い、加齢臭はまったくなかったのですが、30歳をこえてから急にわきが、頭皮の臭い、加齢臭が気になりだしました。
40歳になると、わきが、頭皮の臭い、加齢臭が最高潮に達し、わきがについては病院にいって治療することにしました。
わきがで有効な手段だったのは、わきげを常に剃ることです。
夏場、脇のにおいが非常にきつかったのですが、週に1回、わき毛を剃ることで、臭いがほとんどなくなりました。
また頭皮のにおいについては、こちらもボウズ頭にすることで改善することができました。
風呂場で週に1回、バリカンで頭を剃っています。
ボウズにしたあと、石鹸で頭皮をじかにあらうことで、頭皮の臭いを軽減することができています。
しかし、加齢臭については、いまのところ効果的な対策ができていません。
部屋などに長時間引きこもると、においが染み付いてしまいます。
これが唯一の悩みとなっています。
いまのところファブリーズなどで、部屋のにおいを一時的に抑制していますが、自分自身から発する
加齢臭についてはオーデコロンなどをつけてごまかすようにしています。
抜本的に解決できないところがなやみどころです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です